白髪染めトリートメントおすすめランキングBEST3!白髪染めの正しい選び方とは?

年齢が上がるにつれてどんどん増え続けていく白髪。

「最近白髪が増えてきたから染めたいけど、どの白髪染めを使えばいいか分からない。」

そう悩まれてはいませんか?

そんな白髪の悩みを解決してくれるのが白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントを使えば、髪や頭皮にダメージを与えることなく白髪を染めていくことができますよ。

今回は、白髪染めトリートメントの中でも特におすすめしたい商品をご紹介していきます。

自分に合った白髪染めを見つけて、今日からあなたも美しい髪を手に入れちゃいましょう。

白髪染めトリートメントを選ぶ時のポイント

まずは白髪染めトリートメントの選び方からご説明していきます。

白髪染めトリートメントを選ぶ時には以下のことに注目して選んでみましょう。

どんな染料が使われているか

白髪染めトリートメントの染料は主に、塩基性染料・HC染料・植物染料の3つが使用されています。

塩基性染料はマイナスとプラスのイオンが結合することで髪に色素を付けます。

HC染料は小さい分子が髪表面の近くにある内側の髪に付くと染まる仕組みです。

この2つのカラー成分は刺激が弱く、髪や頭皮にも優しい成分となっていますよ。

また、天然由来の植物を使う植物染料は、カラーバリエーションを増やすために使われます。

天然の植物というだけあって、肌に刺激をほとんど与えずに白髪を染めることができますよ。

このように、白髪染めトリートメントの染料にきちんとこれらの染料が配合されているかどうかにも注目して白髪染めトリートメントを選んでみましょう。

白髪染めトリートメントによっては刺激が強い染料が使われていることもあり、そういったものを使うと髪や頭皮を傷めてしまいます。

中でもアレルギー反応を引き起こす原因となるジアミンや、刺激が強いタール系色素が含まれている白髪染めトリートメントは注意が必要です。

このような染料は肌が敏感な方だと肌荒れやかぶれを起こしてしまう可能性があるので気を付けましょう。

髪や頭皮をケアするトリートメント成分の種類

白髪染めトリートメントには、髪や頭皮をケアするトリートメント成分が多く含まれています。

ミネラルやアミノ酸は傷んだ髪にできた傷を補修し、アルギン酸や海藻成分は保湿効果で髪に潤いを与えてくれますよ。

ここでは一部のトリートメント成分だけを紹介しましたが、その他にも髪へどのような効果があるかというのは白髪染めトリートメントの種類によって異なります。

ですから白髪染めトリートメントを選ぶ時には、含有している成分にも注目して選んでみてくださいね。

カラーは自分の髪色より明るいもの選択する

日本人の多くは黒髪ですが、よく見てみると真っ黒というわけではありません。

そのためブラックを選んで染めてしまうと、染めた後の髪色が不自然になってしまうことがあります。

そこで、黒髪にする時にはダークブラウンを選択、明るめの色に染めたい時にはライトブラウンを選択するなどカラーは明るめのものを選ぶことで自然な仕上がりにすることができますよ。

一度染めてみて暗く感じてしまったらその後はそれよりも明るい色を選択することができますから、カラーを変えながら理想の髪色を見つけてみましょう。

カラーバリエーションが多い白髪染めトリートメントであれば、色を少しずつ変えて調整していくことができますよ。

白髪染めトリートメントおすすめランキングBEST3

それではここからは、おすすめの白髪染めトリートメントランキングへ移っていきたいと思います。

上記でご紹介した選び方もぜひ参考にしてみてくださいね。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

美髪成分 利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど全28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

香料 無添加
カラーの種類 4色

(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

第1位は利尻ヘアカラートリートメントです。

累計販売本数が1900万本を突破した利尻ヘアカラートリートメント。

その結果からうかがえるのは利尻の人気の高さです。

利尻はアレルギー源となるジアミンや、パラベン・シリコン・鉱物油など刺激の強い成分が使用されていないので髪や頭皮を傷つけずに白髪染めができます。

また、白髪染めトリートメントは回数を重ねて使っていく必要があるのですが、利尻ヘアカラートリートメントの場合は一度染めただけでもしっかりと染まります。

染料にはイオン色素やナノ分子、植物染料など肌に優しいものだけが使われていますよ。

女性は特に、ヘアアイロンをしたりパーマをかけたりと、知らない間に髪を傷めてしまっている方も多いのではないかと思います。

そんな傷んだ髪でも利尻を使えば健康的な髪へと補修していくことができますよ。

【第2位】ルプルプヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

美髪成分 ガゴメ昆布エキス
香料 ラベンダー、オレンジ、ローズマリー
カラーバリエーション 4色

(ブラウン・モカブラウン・ダークブラウン・ソフトブラック)

第2位に輝いたのはルプルプヘアカラートリートメント。

ルプルプには美髪成分として、ガゴメ昆布が配合されています。

このガゴメ昆布に含まれているフコイダンは保水力に優れていて、白髪を染めながら髪や頭皮の潤いをずっと維持してくれます。

さらにルプルプでは独自で生み出した高分子と低分子の2つのフコイダンを使っています。

高分子フコイダンは頭皮や髪に、低分子フコイダンは毛穴までというように、それぞれが違う場所に入り込んでいきます。

しかし香料が含まれているので、匂いに敏感な方にはあまり向かないかもしれません。

カラーの種類は全体的に落ち着いた色が多いので、抑えた髪色に染めたい方におすすめですよ。

【第3位】POLAグローイングショット

内容量 200g
価格 2,900円
染料 塩基性染料

HC染料

美髪成分 セラミド、アミノ酸、トチャカエキス
香料 シトラス
カラーバリエーション 2色

(ブラウン・ブラック)

第3位はPOLAグローイングショットです。

グローイングショットは放置時間が5分と短めになっています。

ですから急いで白髪を染めたい時にも役立ちますよ。

放置時間が短くても染まる理由には、ポーラで独自開発されたピグメント処方があります。

ピグメント処方によって染料が髪に浸透するスピードをはやめることができるので、短時間で色素を付着することができるのです。

また、染料にはイオン色素とナノ分子が使用されているので強い刺激による髪へのダメージを心配する必要もありません。

美髪成分には髪の表面を補修する働きがあるセラミドや、頭皮の状態を良くしてくれるコラーゲンが配合されています。

ポーラでは高級な化粧品などを扱っていて遠い存在に感じてしまいがちですが、こちらのグローイングショットは他の白髪染めと比べても安く手に入れることができますよ。

白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

最後に、白髪染めトリートメントのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

では、どんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

白髪染めトリートメントのデメリット

白髪染めトリートメントのデメリットは、何度も繰り返して染めなければいけないというところです。

白髪染めトリートメントは1回で完全に染まるわけではなく、複数回染める必要があります。

ですから1回で白髪染めを済ませてしまいたいという方にはあまり向いていないかもしれません。

白髪染めトリートメントのメリット

白髪染めトリートメントのメリットには、次のようなものがありますよ。

  • 簡単に白髪染めが行える
  • 白髪を染めても髪が傷まない
  • 髪や頭皮に使っても安全

白髪染めトリートメントの場合は通常の白髪染めよりも放置時間が少なくて済むので、短時間で簡単に染めることができてしまいます。

また、ほとんどの白髪染めトリートメントには髪を傷める成分が含まれていないので安全に白髪を染めていくことができますよ。

さらに髪の補修や保護をしてくれる成分が配合されている場合もあり、白髪を染めながら髪を健康な状態へと蘇らせていくことができます。

まとめ

今回はおすすめの白髪染めトリートメントをランキング形式でご紹介してきました。

せっかく白髪を染めるなら、できるだけ髪を傷めずに美しい髪の状態を保っていきたいですよね。

白髪染めトリートメントを使って、白髪を染めるだけでなく髪のケアも一緒に行っていきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白髪染めトリートメントを比較!最も使うべき白髪染めはどれ?