白髪染めトリートメントの最新おすすめ商品を紹介~選びやすい解説付き~

髪を傷めるヘアカラーの白髪染めは、もはや時代遅れ。

今は髪や頭皮に安全で、綺麗に染めてくれるヘアカラートリートメントの白髪染めが主流となっています。

そこで今回、ヘアカラートリートメントがどんな特徴を持った白髪染めで、どういった商品が人気なのかをご紹介しましょう。

これから白髪染めカラートリートメントを使ってみようかな、とお考えの人はここで気になるトリートメントの白髪染めを見つけてみませんか?

白髪染めカラートリートメントの特徴

白髪染めには冒頭で述べたヘアカラータイプの白髪染めや、ヘアカラートリートメントの白髪染め、100%植物原料で作られたヘナなどがあります。

それぞれの白髪染めは特徴が異なり、安全性や染まり具合も変わってくるんです。そこでヘアカラートリートメントはどんな特徴を持った白髪染めか見てみましょう。

白髪染めトリートメントは髪や頭皮を傷めない

白髪染めトリートメントの特徴は何と言っても髪や頭皮を傷めないことです。なぜならトリートメントの白髪染めはヘアカラーの白髪染めと違ってブリーチを行わないため、髪を傷めません。

ではどうやって染めているのかというと、染料を含んだトリートメントで髪の表面をコーティングすることで色を付けているんです。

しかもトリートメントの白髪染めは、肌や頭皮に刺激を与える染料成分を使わないように作られているため、かぶれが起きやすい敏感肌の方でも安心して使用出来ます。

白髪染めトリートメントは美髪効果もある

ヘアカラートリートメントは髪に優しいだけでなく、美髪効果まであるんです。

というのも商品ごとにトリートメント成分を工夫して作られており、保水効果が高い成分を配合して髪に艶を出したり、髪や頭皮の汚れを取るヘッドスパ効果がある成分を使ったりと様々な美髪効果が得られます。

白髪染めトリートメントのメリット・デメリット

とはいってもヘアカラートリートメントの白髪染めにもデメリットはあるので、メリットと一緒にヘアカラートリートメントの特徴をまとめてみました。

メリット デメリット
安全で髪や頭皮に優しい

美髪効果がある

手軽に染められる

部分染めが出来る

嫌な臭いがしない

一回では染まらない

ヘアカラーほどカラーバリエーションがない

比較的、値段が高い

色落ちする

ヘアカラートリートメントのデメリットの多くはブリーチ(脱色)を行わないことによる致し方ないことと言えます。

例えば「一回で染まらない」というのは脱色して髪の内部に色を入れるわけではないので、トリートメントの白髪染めは完全に白髪を染めるまで最低でも2~3回の使用が必要となるからです。

また「色落ちする」とありますが、髪の表面にコーティングした染料がシャンプーの度に徐々に落ちるのが理由となります。

しかし、トリートメントの白髪染めはほぼ毎日利用することに意味がある白髪染めなので、あまり色落ちに関して気にすることはないでしょう。

このようにヘアカラートリートメントはデメリットが多少ありますが、メリットを考えれば十分優れた白髪染めと言えます。

おすすめの白髪染めカラートリートメント

ヘアカラートリートメントがどのような白髪染めかわかったところで、私がおすすめするトリートメントの白髪染め商品を紹介していきます。

また4つの評価項目をもとにグラフで商品比較をしているので、ご参考にしてみて下さい。評価は5段階評価です。

第1位 利尻ヘアカラートリートメント【今、一番売れてます!】

総合評価22/25点
 利尻グラフ
カラーバリエーション ライトブラウン ナチュルブラウン
ダークブラウン ブラック
内容量 200g
価格 初回限定2,000円

通常3,000円

送料540円(2本セットで無料)

商品特徴

トリートメントに配合された利尻昆布エキス「フコイダン」で艶のある髪に仕上がります。

利尻ヘアカラートリートメントは今一番売れている白髪染めで、口コミでの評価も高い大人気の白髪染めです。

評価項目で見ても染まりやすさ、安全性ともに最高評価となっています。また特に注目して欲しいのがトリートメント効果で、利尻のトリートメント成分には利尻昆布エキス「フコイダン」が配合されているんです。

フコイダンとは昆布やワカメの表面にあるネバネバを構成する成分で、高い保水効果を持っています。

このフコイダンの保水効果の力で髪に潤いを与えて、艶のある仕上がりにしてくれるのが利尻ヘアカラートリートメントの最大の魅力です。

一つ欠点を上げるならボトル容器なので、若干使いにくい点くらいでしょう。

第2位 ルプルプ ヘアカラートリートメント【利尻に負けない大人気商品】

総合評価22/25点
 ルプルプグラフ
カラーバリエーション ブラウン ダークブラウン
モカブラウン ソフトブラック
内容量 200g
価格 初回限定39%オフ1,833円

通常3,000円

2本定期便1,500円

送料無料

商品特徴

トリートメントに配合されたガゴメ昆布エキス「フコイダン」で艶のある髪に仕上がります。

ルプルプ ヘアカラートリートメントは惜しくも2位となっていますが、利尻と遜色ないくらい優秀な白髪染めでここ数年での人気は本当に著しいものです。

そして商品の特徴も利尻と似ていて、トリートメント成分にガゴメ昆布エキス「フコイダン」が配合されています。

効果は利尻でお伝えした利尻昆布エキスと同じように髪に艶を出し、指通りのいいサラサラな仕上がりにしてくれます。

またルプルプを今から購入される方なら初回限定で39%オフの1,833円で買えるのでとてもお得です。

さらに公式通販サイトから定期購入すれば送料無料で初回半額の価格で購入出来ます。

第3位 プリオール カラーコンディショナー【個性派の白髪染め】

総合評価21/25点
 プリオールグラフ
カラーバリエーション ブラウン ダークブラウン
ブラック
内容量 230g
価格 通常1,382円

送料無料

商品特徴

毎日のリンスやコンディショナーとして使うことで、色をずっと持続出来ます。また待ち時間5分でとても手軽に染められます。

プリオール カラーコンディショナーは資生堂が販売しているヘアカラートリートメントの白髪染めです。

プリオールは他のヘアカラートリートメントに比べ特徴的な点が多い白髪染めとなっています。

まずトリートメントの白髪染めでありながら安価だという点です。トリートメントの白髪染めは安全な成分を使い、美髪効果を得るために工夫した成分が使われているため高品質で比較的価格が高いものが多い中、プリオールは1,382円という安値で購入出来ます。

また染料を髪に塗ったあとの待ち時間が5分と非常に短いのも特徴です。プリオールは数日ごとに定期的に使用するのでなく、毎日リンス代わりに使用することを推奨されており、手軽に染めることが出来ます。

ただし毎日少しずつ染めていくことを想定して作られており、染まりやすさの点では低評価となってしまいました。

第4位  POLAグローイングショット ヘアカラートリートメント

総合評価21/25点
 POLAグラフ
カラーバリエーション ブラウン ブラック
内容量 200g
価格 通常2,900円

送料無料

商品特徴

ピグメント処方によってすぐに染料が髪の内部に浸透します。またトリートメント成分にはコラーゲンやセラミドを配合し、頭皮を潤して髪を保護します。

POLAグローイングショット ヘアカラートリートメントは化粧品メーカーのポーラが販売している白髪染めです。

ポーラの特徴は染料に塗った後の待ち時間が5分で済む手軽さになります。これを実現させたのはポーラ独自の技術、ピグメント処方によるもので染料を髪の内部に浸透させることが出来るんです。

またトリートメント成分には頭皮を潤してくれるコラーゲンや、髪のキューティクルを保護するセラミドが配合されていて、頭皮や髪に優しい白髪染めとなっています。

第5位 キラリ(煌髪)泡のカラートリートメント

総合評価20/25点
 きらり
カラーバリエーション ライトブラウン ダークブラウン
ブラック
内容量 150g
価格 初回限定20%オフ2,555円

通常3,200円

送料無料

商品特徴

ヘアカラートリートメントの白髪染めを成分はそのままにムース状にした白髪染めです。ムース状になったことで髪の毛1本1本に密着し色ムラが出来にくくなります。

キラリ(泡)はカラートリートメントの白髪染めを成分はそのままに、ムース状にして塗布出来るようにした白髪染めになります。

ムース状になったことで生え際などの細かいところも染料が届きやすくなり、髪の毛一本一本に泡が密着するので色ムラが出来にくくなるんです。

最近このようなムース状になったトリートメントタイプの白髪染め商品が増えており、そのなかでもキラリ(煌髪)泡は安全で染まりやすい白髪染めなのでおすすめします。

白髪染めカラートリートメントの選び方

おすすめのトリートメントの白髪染めを紹介してきましたが、結局どれを選べばいいのか分からないという方のために、トリートメントの白髪染めの選び方を紹介しましょう。

安全な染料成分の白髪染めを選ぶ

ヘアカラートリートメントに限らず、白髪染めを選ぶ際の最低条件ともいえるのが安全性です。

白髪染めの中には染色力を高めるために、かぶれ・炎症と言ったアレルギー反応を引き起こすジアミンなどの有害成分を使っている商品があります。

白髪染めを使うと頭がヒリヒリするという方は、アレルギー反応を起こしている可能性が高いので直ちにその白髪染めの使用をやめたほうが賢明です。

このようなことにならないためにも、トリートメントの白髪染めを選ぶ際はノンジアミンで無添加の白髪染めを選ぶといいでしょう。

染まりやすさで選ぶ

白髪染めを選ぶ際に安全性の次に大事なのが染まりやすさです。

ただし染まりやすさと言っても色々なとらえ方があり、生え際までしっかり染まるという意味や1,2回ですぐに染まるといった意味もあります。

どちらも大事な要素ですが、私が注目して欲しいのは後者のどれくらいの回数で染まるかです。

例えば白髪の割合が多くて今すぐ染めたいという方でしたら1~3回で完全に染まる白髪染めを選んだほうがいいでしょう。

今回、紹介したヘアカラートリートメントでしたら利尻やルプルプがおすすめです。

また染まるまで時間が掛かっても手軽に染められ、色持ちを持続させたいのであればプリオールやポーラのような毎日、利用できるヘアカラートリートメントがおすすめですよ。

コスパで選ぶ

白髪染めはこの先ずっと使い続けるものですからコスパが良くて財布に優しい方が良いに決まっています。

そこでコスパを考えたヘアカラートリートメント選びもいいでしょう。一般的にヘアカラートリートメントの白髪染めは定価3,000円前後の商品が多いです。

しかし、中にはプリオールのような安価なものもありますが、こちらは毎日の使用を推奨しておりコスパで考えるとどちらがいいのか計算してみました。

結果、プリオールのような安価の白髪染めのほうが、コスパが良かったです。具体的には利尻やルプルプのような1本3,000円の商品は基本的に1カ月で1本消費します。

対してプリオールは色持ちの限度が3日ほどだったことを加味して、2日に1回利用を想定すると約1,800円分(1.3本消費)で済んだのです。

このようにコスパでヘアカラートリートメントを選ぶならプリオールがおすすめになります。

白髪染めトリートメントのカラーの選び方

白髪染めを選ぶ際に大事な要素で忘れてはならないのがカラーです。購入するヘアカラートリートメントの商品が決まっても何のカラーにするか迷いますよね。

そこで私が一つアドバイスするなら、中間色を選ぶことです。私は様々なヘアカラートリートメントの人気色を見てきましたが、どれも1番人気が中間色でした。

トリートメントの白髪染めはヘアカラーに比べカラーバリエーションが少ない分、一つ明るさを間違えるとかなり印象が違う髪色に染まってしまいます。

ですから失敗しないためにもまずは中間色がおすすめなんです。ちなみにもし失敗したら違う色で染め直す意思があるなら、初めは1トーン明るいカラーで染めて、明るすぎたら暗めに染め直すという方法もおすすめですよ。

白髪染めトリートメントについてもっと見たい方は、下記サイトを参考にご覧ください。

>>【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

当サイトよりもさらに詳しく紹介されています。

白髪染めトリートメントの使い方

これまでヘアカラートリートメントの白髪染めで染めたことがない方のために、簡単な白髪染めトリートメントの使い方を紹介します。

白髪染めトリートメントの使い方(基本編)

ヘアカラートリートメントの使い方は難しいことは一つもありません。

トリートメントが入ったチューブ(ボトル容器もある)から髪の長さに合わせた適量を手に取り、髪に満遍なく塗った後、使用書通りの時間放置し、最後にお湯で洗い流すだけです。

またトリートメントを髪に塗る際は、素手で塗った方が細かいところまで塗りやすく、手に染料がついても石鹸で落ちるので問題ないとしている商品もあります。

しかしこのような商品であってもツメの間に入った染料は非常に落ちにくい場合が多く、私としてはどのような商品でも手袋の使用をおすすめします。

白髪染めトリートメントを上手く染めるコツ

ヘアカラートリートメントをお使いになった方で、全然髪が染まらない!という声を聞きます。

このような方は今からお伝えする白髪染めトリートメントを上手く染めるコツを試してみましょう。

コツと言っても難しいことでも手間のかかることでもありません。以上の3つを実行するだけで今まで以上にしっかり白髪を染めることが出来ますよ。

  1. 放置時間を伸ばす
  2. 待ち時間中は髪をラッピング
  3. ラッピングした髪を温める

ヘアカラートリートメントの使用書通りの時間を放置しても白髪が染まらないという方は、使用書にある時間以上に放置することでより髪を深く染めることが出来ます。

またこの待ち時間中も髪を綺麗に染めるのに重要で、ヘアキャップを被る、もしくはご家庭のラップでラッピングして髪とトリートメントを密着させましょう。

そしてラッピングした髪を温めることでより染料と髪が結合しやすくなり、色が入りやすくなるんです。

髪を温める方法はドライヤーを使ったり、待ち時間中、浴槽にゆっくり浸かったりするなどの方法があります。

白髪染めトリートメントを使うのは乾いた髪?濡れた髪?

ヘアカラートリートメントの使い方で一番、やり方が分かれるのが乾いた髪に塗るか、濡れた髪に塗るかです。

これは実はメーカーごとにどちらを推奨しているか異なります。

基本的には使用書に書かれた通りの髪に使うのがベストなのですが、乾いた髪・濡れた髪どちらに塗るかによって以下のメリット・デメリットがあるんです。

メリット デメリット
乾いた髪 髪の内部に浸透しやすく、染まりやすくなる 髪の汚れで染まりにくくなる

色ムラができやすい

濡れた髪 トリートメントが伸びやすくなり、染めやすい 水分で染料が薄れ、染まりにくくなる

 

それぞれのメリット・デメリットをまとめると、より染まりを良くしたいなら乾いた髪にトリートメントを塗って、色ムラをなくしたいなら濡れた髪に塗ることをおすすめします。

ただしデメリットにあるような理由で乾いた髪への使用を推奨していないメーカーの場合はシャンプー後の濡れた髪に使用しましょう。

白髪染めトリートメントQ&A

最後に白髪染めトリートメントをしようする際のよくある質問にいくつかお答えします。

白髪染めトリートメントで黒髪は染まる?

ヘアカラートリートメントの白髪染めは黒髪を染めることは出来ません。

黒に近いカラーで染めることで違和感のない白髪染めは出来ますが、明るい色で染めると白髪部分だけ光って浮き出てしまいます。

ですから黒髪の割合が多い人は一度、美容院で染めるか白髪部分だけ地毛に近い色で部分染めすることをおすすめします。

白髪染めトリートメントを使う頻度は?

白髪染めトリートメントはシャンプーの度に色落ちするため、その前に定期的に使用する必要があります。

しかしその頻度はメーカーによって異なり、利尻やルプルプであれば約1週間ごとに、プリオールやポーラのような毎日染めるタイプでしたら1~2日ごとの使用をおすすめします。

白髪染めカラートリートメントは男性が使っても大丈夫?

白髪染めヘアカラーは男性が使ってもなんの問題もありません。

むしろ自然な黒髪に染まるブラックカラーがどの商品にも用意されており、髪や頭皮に優しいので男性にも人気があります。

カラー選びの際は自然な染まり具合になる様に、若干の赤みの入ったブラックがおすすめです。

まとめ

ヘアカラートリートメントの白髪染めは今、本当に人気が出ており、どんどん新しい商品が増え続けています。

その中でもおすすめの売れていて評判もいいトリートメントの白髪染めが今回紹介した5つの商品なんです。

安全性はどれも文句なしで、あとは商品によってトリートメント成分や染まりやすさなど特徴があります。

ですからこの中から自分に合ったヘアカラートリートメントを見付けてみてはいかがでしょうか。

これからは髪にダメージのある白髪染めでなく、髪や頭皮に優しいヘアカラートリートメントをおすすめします。